プロフィール

フランス在住6年目のますこです。

オーベルニュ地方と言うフランスの真ん中あたりに住んでいます。

おしゃべり好きで好奇心旺盛、おてんば娘がそのままアラサーになった感じの人です。

いわゆる「フランス」というイメージからはかけ離れた私。なぜ渡仏することになったのでしょうか。

 

それは幼い頃から持っていた海外や外国語への憧れが根底にあったからでしょう。

元々は父の影響で英語を少し学び始め、得意科目に。

中学・高校では地方自治体企画の海外研修プログラムに参加し、ニュージーランド、アメリカにそれぞれ2週間滞在。

外国語でコミュニケーションを取ることの難しさや楽しさ、異文化体験が当時の私を刺激してくれたこともあり、大学でも国際系を専攻しました。

しかし、残念ながら大学では勉学よりもサークルやアルバイトに精を出してしまい、焦り始めた頃にオルレアン大学との交換留学のチャンスが舞い込んできました。

諦め半分で申し込んだところ留学できることになり、10か月間の語学留学でフランス語を日常会話レベル(発音だけはネイティブに近いレベル)へ。

フランス留学に関する記事はコチラ

フランス語学習に関する記事はコチラ

 

そして日本に帰国後、同じ大学に在籍していた現在の夫に出会いました。

日本で数年働いたのちにワーキングホリデービザでフランスへ。PACSを結び、Vie privée et familialeという滞在許可証を取得しています。

PACSに関する記事はコチラ

滞在許可証に関する記事はコチラ

 

最初は仕事が見つからなかったため、商業ライターとして在宅で仕事をしながら就活をする日々。

コネと人脈作り、そして仕事は断らない主義を徹底し1年ちょっとで市役所での短期アルバイトが定期的に来るようになりました。

ライター業と並行し、どちらも軌道に乗ったところで契約社員としての打診がありました。

悩んだ挙句、現地で某市役所関連施設にて契約社員として働くことに。

フランス人に囲まれ日本と全く関係のない、しかも専門分野でも何でもない新しい分野での仕事はかなり大変でした。

しかしたくさんのことを学び、経験することが出来たためとても充実していたのも事実です。

フランスでの仕事に関する記事はコチラ

ライターとしての仕事に関する記事はコチラ

 

夫と貯めたお金が目標額に達したため2016年10月フランスで結婚。

身の丈に合わな過ぎる式を挙げて散財しました。

フランスでの結婚に関する記事はコチラ

 

2017年10月、長男誕生。

妊娠発覚とともに仕事の契約更新の打診がありましたが、妊娠中で体調不良が続いていたこと、海外での育児に不安があったことを理由に仕事は続けないことに。やっと手にした職で、上司や同僚にも恵まれていたので断腸の思いでした。

妊娠・出産に関する記事はコチラ

子育てに関する記事はコチラ

現在は子育てをしながらブログ更新やフランス語学習(仏検1級とDALF取得が目標)に精を出しています。

なぜ私がブログを書くのか?についてはコチラ