フランスのニュース

フランスの平均年収は?物価は?みんなが知りたいマネー実情を暴露

誰もが知りたい、フランス生活の実態。

物価や平均収入、お金の使い方…マネーに関する話題はデリケートで、身近な人に聞くに聞けないテーマです。

そこで今回は、みんなが気になるフランスの平均月収や給与額推移などを2015年のデータをもとに見ていきます!

フランス人の平均年収はズバリ!

手取り額27 000ユーロ!

参考:http://www.journaldunet.com/business/salaire/france/pays-fra

この金額、高いと思いますか?低いと思いますか?

1ユーロ132円とすると(2015年年間平均TTBが132.81円)…

358万円以上!

それに対し、日本の同年の平均年収はというと…

440万円!

参考:https://doda.jp/guide/heikin/2015/

因みに日本で年収というと額面ですので、平均年収.jpのサイトを参考におよその手取り額を見ると

331万円!

フランスよりも若干低い結果になりましたね。

さて、この結果、皆さんの予想通りでしたか?

フランスの生活イコール優雅!というイメージを持っていた方は大差がないことにびっくりしたかもしれませんね。

フランスの平均月収

では、月収にするとどれくらいの金額になると思いますか?

フランスの平均月収は手取りで2250ユーロ

日本円に換算すると29万7千円です。

また役職などお条件でも平均の収入は当然、変わってきます。

例えば、管理職の場合は平均月収(手取り)が4141ユーロ

中間管理職は2271ユーロで、一般のサラリーマンは1637ユーロです。

ちなみに2015年の最低賃金を月給換算すると1136ユーロ99セント(手取り)。

男女の収入差と世帯収入の平均

気になる男女差ですが、やはりフランスでも日本同様、男性の給与の方が女性よりも多いという結果に。

女性の平均手取りがひと月あたり1986ユーロであるのに対し、男性は2438ユーロ

管理職の男女比などとも関連してくる数字だとは思います。

そして世帯収入の手取り額は平均で2159ユーロ。

月収の県別平均手取り額

出典:http://www.journaldunet.com/business/salaire/france/pays-fra

非常に興味深いのがこちらの画像。キャプチャですので詳細がみたい方は上記URLでご覧ください。

県別の平均月収(手取り額)が地図上で見ることができます。

色が濃いほど月収が高いのですが、やはりパリ近郊やリヨン周辺、マルセイユ、ニースなど大都市のある県の収入が高いことがわかりますね。

ちなみに私の住むアリエ県は全国平均よりも低い2154ユーロ。予想通りといったところでしょうか。

物価が高いのは日本?それともフランス?

何を基準に物価を語るのか、とても難しいところですね。

今回は「生活費が高い国ランキング」と「生活費が高い都市ランキング」を参考に検討していきたいと思います。

まず生活費が高い国ランキングです。

フランス:23位

日本:8位

国全体を見ると、日本の方が生活費がかさむことがわかりますね。

次に生活費が高い都市にランクインしているのがフランスの首都パリと日本の首都東京。さっそく見てみましょう。

パリ:12位

東京:6位

こちらも東京の方が生活費が高いという結果になり、フランスよりも平均年収の低い日本の方が生活費がかかる、と考えられますね。

飽くまで平均年収と生活費の比較なので正確なことは言えませんが、下記URLのフィガロ紙にあるように住居費に関してはパリが東京よりも1000ドル近くも高い結果に。

物価に関する参考サイト:http://www.lefigaro.fr/conso/2018/05/30/20010-20180530ARTFIG00208-voici-les-20-villes-les-plus-cheres-du-monde-en-2018.php

https://planificateur.a-contresens.net/classement_par_pays/cout_de_la_vie.html

日本、フランスで働き生活してきた個人的経験からですと、フランスの方が物価が高いような印象を受けます。(日仏とも地方在住)

しかしこうやってデータを通してみるとまた違った側面が見えてきますね。

フランスでは外食代や雑貨などが比較的高い印象ですが、その代わり食材などは安価に手に入りやすいイメージ。

それに対して日本では外食は手軽なものも豊富、雑貨も100円ショップなど良質なアイテムが安価に手に入りますが、野菜や果物の値段、車の維持費などは比較的高いと感じます。

みなさんはどう思いますか?

 

今回いくつかの数字をインターネット上で検索、比較しましたが、いかがでしたか。

実際の数字を見るとイメージしていた(もしくは実際に生活している)フランスとはまた違った顔が見えてくるかもしれません。

飽くまで素人目線で指標となりそうな様々な参考サイトを見て個人的に考察した結果ですので、絶対的なものでもありません。

今回ご紹介したデータや内容をもとに、ご自身でもフランスの物価や収入について考えてみてくださいね。

またご意見やご指摘もお待ちしております。

参考:http://www.journaldunet.com/business/salaire/france/pays-fra

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です