文化, 文化・習慣

不器用でおちゃめでおせっかい!?愛すべきフランス人たち

個人的見解です。

フランス人全員がこういう感じだと言いたいわけではないので、そこはお間違えのないよう。

私の知っているフランス人の中には、結構不器用でおちゃめでおせっかいで、時にはイラっともするけれど憎めない、そんな人たちがいます。

余計な口出しは優しさ、とにかく世話焼き

「あなた、こういうことやってみたらいいんじゃない?」「きっとこんな仕事が合うと思うよ」「〇〇さんに連絡とってみたら?あの人日本のこと好きだって言ってたよ」…

仕事のことからプライベートまで、そこまで突っ込まなくても…と思うようなことも口を出してくる方々。

日本だったらそこまで言う!?そんなに親しくもないのに!??とびっくり仰天してしまうこともありますね。

でも言っている本人、そこまで「口出しをしている」「干渉している」という感覚はありません。優しさ&好意で、あなたのためを思ってこういう行動に出ます。

だからこそ対応が大変といえば大変なのですが…

好意を持っているからこそ助けてあげたい、お世話を焼きたいと思っている。

その分突き放すのも申し訳なく、やんわりと断ったところで伝わらないので同じことの繰り返しになり結局は自分が我慢をすることに…。

こんな経験私だけではないはず。

多少はっきりとものを言っても問題ないのがフランス。日本ほど気を遣わずに自分の意見を主張しても大丈夫です。

色々と意見やアイディアを言われたり、提案されたときに不要と感じたお手伝いはその場でNoを伝えておかないと、後々「こないだの件で、○○さんと一緒にいるから今から会いに行こうと思って」なーんてことになりかねません。

実際に自分の役に立つお話や提案は遠慮せずに受けてみるのもアリだと思います。ただしそのあとのこと、例えば面倒な話に巻き込まれるリスクなども色々と考えてから行動することをおすすめします。

根掘り葉掘り聞くのは興味があるから

そんなプライベートな話まで聞く!??

時に予想だにしなかったことを質問されびっくりすることもあります。

それも驚くほど自然に、まるで「今日のお昼何食べた?」くらい平凡な質問でもしているかのように。

そして時におちゃめに、茶化すかのように。

「こんなこと聞いて悪く思わないでほしいんだけど」と前置きをしてくれる人もいますね。

正直、ここまで色々と根掘り葉掘り聞かれるのは良い気分がしない、という人も多いでしょう。

それは日本人でもフランス人でも同じ。でもなんとなく、フランスの方が色んなことを聞いて良い雰囲気がある印象です。

もしくはそんな雰囲気なくても敢えて空気を読まずに質問しちゃえーな人もいますね。私空気なんて読もうとしないから、あはは!と言いのけてしまいそうな人とかね。

でも根掘り葉掘り聞いてくるというのは、良く捉えれば「あなたに興味があってもっと知りたいから」質問をするのです。

もちろんただ単にその場のネタ探しにズケズケと質問をされたり、おしゃべりで色々言いふらしたい人もいるので見極めは大切ですが…これは日本でもフランスでも一緒ですね。

あまり答えたくない質問をされた時にどんな返答をするのか、ある程度自分の中で決めておくと楽です。

不器用で時間がかかる

なんでこんなことにこんなに時間がかかってしまうのだろう…と感じることも多いフランス生活。

そんなフランス人たちと一緒に仕事をしたり、間近でその仕事ぶりを見る機会があると、なんだかその不器用さと時間のかかる様子に飽きれる反面憎めないという感情も芽生えるように。

もちろん、同僚の仕事っぷりのおかげで自分の仕事の負担が増えたりトラブル発生!といったケースだとものすごい負の感情に自分が呑み込まれそうになることもありますが(笑)

時に見かける、ものすごく一生懸命なんだけど不器用で、やる気があるからこそ空回っていて、そしてなぜか膨大な時間がかかってしまう人。

自分でもそんな不器用さに自覚があって、「もー私こんなことも時間かかっちゃうのよーあはは」なんて笑ってごまかしている時もありますね。

日常生活でもちょっとしたことに無駄に時間を費やしている姿を見かけると、こっそり心の中でため息をついてしまったり。

でも逆に言うと、日本人のように四六時中、どう動いたら効率が良いのかを常に考え全てのことにせかせかと動く必要がなく、自分のペースで行動ができるというのは良い環境なのかもしれません。

やたら話し合う割に進まない

 

びっくりするほど長い会議の数々。

意見交換が白熱してさぞ素晴らしい結果が出たのかと思えば、続きは次回に持ち越しという結果になってしまったり。

あり得る全ての意見や方法を洗い出す、という考えがあるのでしょうか。しっかりと時間を確保する印象です。

プライベートでも何かを家族や友人たちと決める時、かなりの時間を話し合いに使いますよね。

余談が余談を呼んであらぬ方向の話に進んでしまうことも多々あり、終わりが見えない話し合いの疲弊感はなかなかのものです。

もしかしたら私の周囲だけがこういう感じで進んでいるのかもしれませんが、中には私のように話し合いが長い、進展が遅いと感じている人もいるのではないでしょうか。

 

 

これだけ色々書いてきましたが、もちろんフランス人たちから見て私たちも「なんて不器用なんだろう」「そんなことまで聞く?話す?」などびっくりされることもきっとあるのでしょう。

時にイライラしてしまったり怒り心頭なこともありますが、それはきっとお互い様。

広い心で「おちゃめだなー」と思いつつ上手に対応ができるようになりたいな、と切に感じています。

実現するのはまだ先の話になりそうですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です