文化, 文化・習慣

フランスのバレンタイン文化とは?人気の贈り物や過ごし方の傾向と対策

まもなくやってくるバレンタインシーズン。

みなさんは準備万端ですか?

日本では一般に女性が男性にチョコレートをプレゼントしたり、愛の告白があったり…カップル以外では同僚や友人に義理チョコなんかも用意しなければならず忙しいですよね。

こちらフランスではバレンタインデーの位置づけが日本とは異なります。今日はそのお話。

フランスのバレンタインデー

2月14日バレンタインデー、フランス語ではSaint-Valentinサン・ヴァロンタンと呼ばれ、カップルのための日として知られています。

日本のようにこの日に女性が男性に告白する、という習慣はなく、すでにカップルになっている人たちが楽しむイベント。

当然、贈り物はチョコレートでなければならないということはなく、むしろバラの花やアクセサリーなどのプレゼントの方がメジャー。

贈るのも女性ではなく男性。

そのため日本のバレンタインデーの習慣をフランス人に話すと驚かれることがほとんどです。

カップルならまだしも、友人や同僚の男性にまでチョコを配る…そこまで話すと「売り上げアップには素晴らしい戦略だ」と称賛の声まで聞こえてくることも。

バレンタインデーの過ごし方

バレンタインが平日の場合は、夜おしゃれなレストランでディナーデートを楽しんだり、カップルでエステを受けたり映画を見たり…

特にバレンタイン当日や、バレンタイン直後の週末はレストランが混雑することが予想されます。

早めに予約しておくことをお忘れなく!!!!

やはりこの日街中ではいつもより服装やヘアスタイルにこだわっておしゃれをした姿の人々が目に留まります。

バレンタイン前の美容院やエステなども予約が取りにくいケースがあるので、早め早めに予約をしておきましょう。

また、手作り料理でおうちデートを楽しむカップルもたくさんいますね。

お部屋のデコレーションから音楽はもちろんのこと、料理もフルコースで準備することも。

自宅なら周りを気にせずゆっくり二人だけの時間を過ごすことが出来ますね。

肝心のプレゼントは?

最も一般的なのはお花!

やはり愛の象徴でもある真っ赤なバラの花が定番。女性の花の好みがわかっている場合にはその女性が好きな花をプレゼントする人も多いですね。

近年ではしおれてしまう花よりも普段から身に着けられるアクセサリー類や、下着!なんて声も。

このほかにもクリスマスや誕生日などのイベントでのプレゼントの定番ともいえる香水、チョコレート、旅行といったものも選ばれているようです。

我が家のバレンタインは?

日本文化に馴染みまくっている我が家のパートナー。

一応昨年のバレンタインは近くの美味しいショコラトリーのバレンタイン限定チョコレートを準備しました。

すると当日、なんとパートナーも同じチョコレートを購入していてくれ、二人で同じものを交換し合うという不思議な光景に大爆笑。

 

花は枯らしてしまうことが多く私が嫌がるので買ってくることはありませんが、時には手料理やプレゼントでもてなしてくれることも。

私も一応毎年チョコレートを用意しますが、結局はパートナーが張り切って色々やってくれるという結果になります。その辺はしっかり甘えさせてもらっています、すみません。

 

みなさまのご家庭ではバレンタインデーはどのように過ごしますか?

気づくとあっという間に当日!なんてことになりますので、早め早めに準備しておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です