ライフ, 旅行・バカンス

みんなはどうしてる?フランスの外出先でのトイレ事情と対策ぶっちゃけます

トイレは清潔に保たれて当たり前…

そう思っていた方はフランスに来て驚かされることが良くあるかと思います。

場所も変わればトイレ事情も変わるもの。

今日はそんなフランスの外出先でのトイレ事情とその対策についてです。

フランスの外出先でのトイレの現状

公衆トイレは基本汚い

街中で見かけるフランスの公衆トイレ、基本的に汚いです。

近年ではボタン式でドアが開閉する公衆トイレも見かけますが、ちゃんと鍵が閉まらなかったり、中に閉じ込められたという話もたまに聞きます。

そのため公衆トイレ=汚い、使用するのにはちょっと勇気がいる、というイメージを持っている人が大多数でしょう。

新しいショッピングモールやサービスエリア、デパートは安心

飽くまで個人的な印象ですが、有名デパートや新しいショッピングモール、新しいサービスエリアは設備も整っていて綺麗なトイレが多いです。

特にパリ観光の際にはお土産の買い物がてらデパートによってトイレも済ませる、というのが私の定番コース。

観光に行く予定の方は目星をつけておくと安心かもしれません。

レストランのトイレは場所による

高級レストランはまず問題ないでしょう。

ブラスリーやチェーン店などの場合はお店によります。綺麗に保ってあるところもあれば、結構汚れている場合も。

あまり期待しない方が良いのかな?と思います。

ちなみにファーストフード店は汚いことが多いかも。

やはり回転率が高い分利用者も多く汚れやすいのかなーという印象です。

駅など有料トイレの方が割と綺麗だが、有料だから綺麗とは限らない

駅などのトイレは無料の場合と有料の場合がありますね。

少し前までは有料トイレなら基本的には綺麗!というのが浸透していましたが、近年ではそうでもなくなってきているとか…

個人的には、新しい駅だったらトイレを利用するかもしれないけれど、駅のトイレ利用は可能なら避けるケースが多いです。

ピンからキリまで、という感じ。

外出先でのトイレ対策、どうしてる?

これは私の個人的対策です。参考までに。

1.可能な限りトイレに行かない

体にはよくありませんね。例えば外出が半日くらいだったり、7~8時間位で我慢できそうな場合は極力トイレに行きません。

外出するとわかっていて、トイレを探すのが面倒だなと感じる時は水分を控えることも。

とはいえ無理に我慢しているわけではなく、可能な範囲でやっています。近年はあまりそこまで我慢することもなくなってきている気がします。

2.綺麗そうなトイレを見つけたらとりあえず立ち寄る

トイレは行ける時に行っておく!

外出前、外出先で綺麗なトイレがある場合、レストラン、博物館などの観光地…

次、トイレに行きたいと思った時に、必ずしも綺麗なトイレに出会えるわけではありません。

「トイレくらいあるでしょ」と思っていても実は長蛇の列でものすごいタイムロスになることもあるので、行ける時に行っておくのが無難。

3.デパートやサービスエリアなどあらかじめ目星をつける

都市部へのお出かけの場合には、トイレスポットの下調べも重要です。

近年はトイレを見つけられるアプリもあります!使用したことがないので使い心地等はわかりませんが…

不安であれば試してみるのもありだと思います。

また有名観光地ならトイレに関する情報も手に入りやすいので、調べてみましょう。

立ち寄ったトイレが汚い!便座がない!そんな時どうする?

何気なく立ち寄ったトイレが汚かった…!便座もない…!そんな時あなたならどうしますか?

1.我慢

これは非現実的ですね。近くにトイレを借りれそうな施設があるなら話は別ですが、車で移動中の時などは次のトイレまで距離があることも。

2.除菌シート&使い捨て便座シートで乗り切る

一刻を争う場合や子連れの場合を除き、除菌シート&使い捨て便座シートは持っていた方が安心かもしれません。

ただ、あまりに汚い場合には除菌シートで拭く作業すらためらわれる場合も…。

お子さんがいる場合、便座の下の方までカバーされる便座シートもあると先輩ママさんに教えて貰いましたので参考までに。

3.接触面を最小限にする

除菌しても便座シートがあっても無理!と感じるレベルの汚さだったり、そもそも除菌シートも便座シートも持ち合わせていない!という時には…

ずばり、便座から腰を浮かせて空気椅子の状態で用を足す。

在仏の日本人女性で経験済みの方は意外と多い様子。

ちなみに私は一度、高速のサービスエリアで約8キロの赤子を抱っこ紐にいれたまま腰を浮かせて空気椅子、やりました。

今では笑い話です。

4.女性用立ちションアイテム

男性の場合、多少汚くても立ちションなら便器等に肌を密着させる必要がありません。ですが女性の場合は…?

実は女性用の使い捨て立ちションアイテムなるものがあります!

その名もPisse deboutピス・ドゥブ、まんま「立ちション」です。

出典:https://www.pissedebout.fr/

このアイテムの存在を知ったときには衝撃でしたが、使い慣れたら便利なのでしょう、きっと。

これを使うか?と言われたら答えはNoですが、こういうアイテムがあったら便利だと考える人の気持ちもわからなくはありません。

災害時にも役立ちそうですよね。

もし使ったことがあるという方がいましたら是非体験談お寄せください。

 

外出先でのトイレ事情は軽視できない問題の一つ。

事前のリサーチも大切ですが、万が一の場合には様々な対策を試してみて、自分にとってベストな方法に巡り合えると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です