ライフ, 旅行・バカンス

11か月の赤ちゃんと二人で一時帰国!スーツケースの中身公開(往路)

一泊二日だって結構な大荷物になる子連れ旅行。

日本に一時帰国ともなればお引越しレベルの荷物になりそうなものですが

大荷物を持って移動するのも大変だし荷物制限もあります。

そんな状況下で悩みに悩んで選んだ一時帰国の全持ち物、公開します。

旅行日程

息子と初めての一時帰国、しかも二人で移動ということで少し余裕を持ってのんびりさせてもらうことになりました。

期間は9/25~10/20の約1か月。

羽田空港発着で、到着後東京に2泊、宇都宮に1泊してから実家のある岩手へと移動します。

機内持ち込み荷物(往路)

非常に悩んだ機内持ち込み荷物!!!

息子の荷物、不備があってはならない…

でも物理的に大荷物は無理…

厳選に厳選を繰り返しました。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

スーツケースは3個預け入れ

膨大な量のお土産たち。

スーツケースは3個預け入れ、そのうち2個は空港から実家に送る魂胆です。

残り1個は東京、宇都宮と一緒に旅をします。

3つとも重量制限である23Kgギリギリで準備(実は25Kgくらいのスーツケースも1つありましたが、そのまま通して下さいました。ありがとうございます。)

2/3はお土産です。

お土産以外の荷物の中身は?

実家に送る用、一緒に移動する用どちらのスーツケースも

お土産以外はほぼ赤ちゃん用品。

旅をするスーツケースの中身はざっくりとこんな感じです。

・おむつ40枚(1日10枚計算プラスアルファ)

・離乳食(4日分)

・粉ミルク(900g缶まるごと)

・水(ミルク作る用と便秘対策用の硬水)

・着替え5日分

・洗面用具(ボディーソープ、クリーム、歯ブラシ、ステロイド軟膏、亜鉛華軟膏、おしりクリーム、生理食塩水、綿棒)※ソープやクリームなどは小さい容器に入れ替えました。

・スリーパー

・タオル

あとは自分用に着替えと洗面用具、充電器や傘といった身の回り品など最小限のもの。

 

実家に送ったスーツケースの中身は…

息子用

・着替え3日分

・洗面用具(ソープやクリーム等普段使っているボトルをそのまま持参)

自分用に着替えなども1日分入れましたが、現地で購入することを前提にこちらのスーツケースにはほとんど自分のものはありませんでした。

この荷造りで気付いたこと

 

だいたいは頭の中でイメージした通りに荷造りが出来たわけですが、

意外と幅(と重量)を取るな、と感じたのが息子の離乳食。

メインはコチラ。1食1皿ですが、足りないことも…

 

デザート類。上は飲むフルーツピューレ、下はヨーグルトです。

 

日本で買ってもいいんですが、自然災害のリスクも考えて多めに持参。

オムツや水なども多めに持ち込みます。

備えあって憂いなし(但しロストバゲージを除く)

ところが今度は旅のお供にするスーツケースの重さがかなりオーバー。

かなり食べる赤ちゃんの4日分のベビーフードですからなかなかの量です。

仕方なく他のスーツケースに入れ、日本の空港で荷物を発送する前に入れ替える作戦に。

本当はこんな手間のかかる作業、着陸後にやりたくなかったんですが仕方ない。

次回はお土産は重さ重視で、軽いものを中心に選ぼう、と心に決めました。

 

以上が今回の旅で準備した持ち物の内容です。

子連れで一時帰国される方、旅行される方など参考にしてみてください。

アドバイス、改善点などコメントも大歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です